副業

ハナおすすめの副業《Amazon中国輸入ビジネス》とは何?輸入ビジネスをわかりやすく解説します!

こんにちはハナです。

今日はハナの副業収入にたくさん貢献してくれている中国輸入ビジネスについて説明していきたいと思います。

ハナ

中国輸入ビジネスというと、難しそうなイメージがあるけれど・・・。

チル

正しい知識を持って、しっかり取り組めば大丈夫。中国語は出来なくてもOKだよ。

この記事は

  • 大きく稼げる副業を探している
  • 中国輸入ビジネスについて詳しく知りたい

という方に読んで欲しいです。

輸入ビジネスとは?

海外と日本の価格差を利用したビジネスのこと

輸入ビジネスは、海外と日本の価格差を利用します。

海外から商品を安く仕入れ、日本で適正な価格で販売して利益を出すビジネスのことです。

私は中国から輸入しているので、中国輸入ビジネスと呼んでいます。

 

具体的には

中国の工場で生産したものを日本で安く仕入れます。

安く仕入れた輸入品を、Amazonなどのネットショップで適正な価格で販売します。

仕入価格と販売価格の差額により利益を得ることが出来ます。

今までの個人輸入ビジネスでは欧米輸入が人気でした。

しかし、様々な要因により物価の差がほとんど無く、利益が出しづらくなっています。

そういった背景から、最近では中国輸入ビジネスに参入する人が増えています。

中国経済が急成長しているとはいっても物価がまだまだ安い中国。

中国には数えきれないほどたくさんの工場があり、日本や先進国向けの商品を安い人件費で大量生産しています。

 

では実際のところ、どこくらい中国は物価が安いのでしょうか?

例として、実際にアリババというサイト(中国ver Amazonのようなもの)を覗いてみましょう。

こちらのピアスは、価格は1.5元ですね。これは、日本円に直すと約30円くらいです。

とても安いのが見て分かると思います。

ハナ

日本でピアスを30円で買うなんて考えられない!

このように、物価がとても安い中国。

今後も潜在性の高い卸市場として中国はまだまだ素質がありそうですね。

オリジナル商品にして差別化を狙う

中国輸入ビジネスには2種類の方法があります。

①アリババやタオバオなどの中国サイト(日本でいうAmazonのようなサイト)から仕入れて、日本のAmazonなどのネットショップで販売するもの

→単純な転売

②中国から輸入してきた商品を、自分のオリジナル商品にして、Amazonなどで独占販売するもの

→OEM販売

私は②のように、自分のオリジナル商品を生産してそれをAmazonで独占販売しています。

これを「OEM販売」と呼びます。

ハナ

オリジナル商品と言っても、自分で全て商品を開発するわけではないよ。難しく考えすぎなくてOKだよ。

製品を自分で企画して、デザインなど渡して生産だけ工場やメーカーにお願いします。

他の商品と差別化して自分だけのブランドにすることで、オリジナル商品にすることも出来ます。

それだけで、独占状態で販売をすることができてしまうんです。

最初は商品を自分で企画し、中国へ発注します。

その後Amazonで販売する商品の画像と商品ページを作り、中国から日本に届いた商品を発送し、ネット上で売り出すという作業をします。

しかし、この作業をするのは最初だけ。

2回目からは在庫の管理をするだけで良いので、基礎を作ってしまえばとっても楽チンです☆

 

Amazonを意識して見てみると、実際に輸入をしてオリジナル商品を販売しているショップが沢山あります。

思った以上に多くの方が参入している事業ということがよく分かりますね。

ユタロー

Amazon中国輸入をしている方の中には、年収1億以上稼ぐ人もいるんだって〜!すごい世界だね。

中国輸入ビジネスは初心者向け?

中国輸入ビジネスは少額の資金で手軽にスタートできるため、初心者に向いていると言われています。

ハナ

実際にお店を運営した場合、初期投資が1000万円単位で必要になるし、成功しなかった場合のリスクも大きいね。

ユタロー

ネットで低予算で始められるのはありがたいね。

中国輸入ビジネスは少額の資金があればOKです。

ハナ

私の場合は32万円の資金からスタートしているよ〜。

中国輸入がいくら少額から始めることが出来るとはいっても、余裕資金として50万円は確保しておくことをおすすめします。

そして、正しい知識をつけリスクをきちんと理解するために、学ばなければいけないことは多いです。

ネットを見ると「超簡単に中国輸入で600万円稼げる!」や「自己資金10万円から始められます!」だの書いてありますが、現実はそんなに甘いものではありません。

 

私が中国輸入で月に10万円稼げるようになるまで、旦那と睡眠時間を削りながら毎日本気で頑張りました。

きちんと中国輸入ビジネスについて学んでリスクを理解し、知識をつけることがとても大切です。そして軌道に乗るまでは諦めずに粘り強く続けることが最も重要になってきます。

それが出来れば、初心者さんでも半年〜1年くらいで月30万円以上稼ぐことは十分に可能です。

ハナ

これも家族の幸せのためだと信じて、軌道に乗るまでは夫婦で協力して頑張ったのです。

きちんと基礎を作り上げてしまえば、その後はとても楽チンです。今では、中国輸入に使う時間は1週間で1〜2時間程度もあれば十分です。

以前中国輸入に使っていた時間は、夫婦で趣味(ブログ)の時間にしたり、2人で料理を作ったり楽しむことが出来ています。

  • 輸入ビジネスとは、海外から商品を安く仕入れ、日本で適正な価格で販売して利益を出すビジネスのこと
  • 自分のオリジナル商品を生産して販売することをOEM販売という
  • 正しい知識をつけ、リスクを理解することが大事
  • 余裕資金として50万円は確保しておくべし

中国輸入ビジネスのメリット・デメリット

中国輸入ビジネスのメリット

中国輸入ビジネスのメリットとして、以下のものが考えられます。

 

中国輸入ビジネスのメリット
  • パソコンがあれば、どこでも出来る
  • 仕入れ値が安い
  • ブランド化が可能で、独占的に販売することが出来る
  • 外注化しやすく、代行業者も充実している
  • 語学力が不要
ユタロー

1つずつ詳しく見てみよう!

パソコンがあれば、どこでも出来る

中国輸入は商品リサーチ・発注・販売など全てインターネット上で行うことができるため、どこでも作業することが出来ます。

ただ、たま〜にプリンターを使って印刷をする作業もあるため、私は主に自宅で作業しています。

それ以外の作業は自宅以外でも出来るので、外出先で空いた時間があったらカフェに入り、隙間時間で中国輸入ビジネスをやっています。

仕入れ値が安い

基本的にOEM販売の生産はロット数を求められます。物によりけりですが、100個から発注できるところが多いイメージです。

なので、その分商品単価は下がり、必然的に利益を確保しやすくなります。

ハナ

OEM販売をしている商品は平均して30%〜40%くらいの利益率を見込むことが出来るよ〜。

コストが低い理由として、商社や問屋を通さずに、直接個人が仕入れることができるためだと思われます。

ブランド化が可能で、独占的に販売することが出来る

自分だけのブランドを作ることが可能なので、他の人と同じ物を売ることは無くなります。

その結果、独占的に販売することが出来るのです。

独占的に販売することが出来るといっても、注目されていくに伴い類似品は出てきてしまうこともあります。

類似品とどのようにしたら差別化を図れるか、きちんと対策をとることも大事です!

特定のジャンルに自身の商品がブランドとして認知されてくると、Amazon以外のネットショップでも販売するなど他販路展開がしやすくなります。

外注化しやすく、代行業者も充実している

中国輸入はノウハウが確立されつつあります。代行業者なども充実しているため外注化しやすいです。

代行業者とは、商品の仕入れに関する様々なことをあなたの代わりにやってくれる業者で、多くの時間を生み出してくれるありがたい存在です。

代行業者の具体的な業務
  • 商品購入
  • 中国内の荷受け
  • 検品
  • 梱包
  • 国際配送(中国→日本)

 

ハナ

発送・様々な手配・工場とのやり取りなど幅広く代行業者がやってくれるよ〜

初心者さんが中国輸入ビジネスを始めるには、代行業者を使うことをオススメします。

語学力が不要

中国輸入ビジネスというと、中国語が出来ないといけないのではと心配するかもしれませんが、語学力は不要です。

実際に私は中国語が全く分かりませんが、月に安定して稼ぐことが出来ています。

いざとなったらパソコンで翻訳も出来ますし、わざわざ中国語を勉強する必要はありません!

では、次にデメリットについてお話していきます。

ハナ

メリットだけではなく、デメリットやリスクもきちんと理解することが大事だよ。

中国輸入ビジネスのデメリット

中国輸入のデメリットとして、以下のものが考えられます。

中国輸入ビジネルのデメリット
  • 不良品が日本製に比べて多い
  • 時間がかかる
  • 50万円の余裕資金を確保しておく必要あり
ユタロー

デメリットもきちんと理解しよう!

不良品が日本製に比べて多い

日本製品は海外の中でもとてもクオリティが高く、完璧に作られています。

しかし、中国製品は多少汚れていてもどこかの部品が抜けていても、とりあえず完成すればいいっしょ!という感じのクオリティです。

商品パッケージが少々汚れているのは当たり前で、売り物にならないことも少なくはないです。

ハナ

きちんとした代行業者を選び、検品を厳しくしてもらうことが重要!

時間がかかる

海外との取引になるので、商品を決めてからがとても時間がかかります。

私も、最初にどんな商品が良いか商品リサーチをしてから最終的に販売するまで約3ヶ月はかかりました。

そして、商品が安定して売れるようになったのは更に2ヶ月後のことです。

商品をリサーチしてから安定して売れるようになるまで、最低でも半年は必要です。

50万円の余裕資金を確保しておく必要あり

メリットでも挙げましたが、基本的にOEM販売の生産はロット数を求められます。

OEMはロット数が多いので1つの商品の単価が安くても、費用が意外とかかります。

ハナ

私が販売している単価1,250円の商品も、100個発注だから一気に13万円くらい資金が必要だよ。

仕入れの他にも、国際運賃・国内運賃・関税代・代行業者へ支払う手数料・画像作成費用、広告費など販促にかけるコストなどがかかります。

そしてこれらは、商品が安定して売れる前に全額払わなければなりません。なので、売れるようになる前にある程度資金に余裕がないと厳しいのです。

ハナの中国輸入ビジネスの実績

ハナ

私が実際どのくらいの利益を出しているのか、紹介するよ。

販売開始2ヶ月後の月利益

最初は1商品の販売だったため、1ヶ月間の単純利益は133,853円でした。

ここから代行業者への手数料や広告費など差し引いて最終的な利益は、38,298円(利益率38,3%)でした。

輸入ビジネスを開始して半年間は、正直トータルで考えたら赤字でした。

中国とのやり取りに時間がかかるため、開始して半年くらいはほとんどの方が赤字かトントンなのでは無いかなと思います。

 

販売開始1年経過後の月利益

そして、中国輸入物販を初めて1年以上経過した月の商品数は7商品にまで増えました。

1ヶ月の単純利益は691,034円

ここから代行業者への手数料や広告費など差し引いて最終的な利益は、465,479円利益率46,3%でした。

1年経過することで、利益・利益率共に高くなっていますね。

今では基礎を確立したので、中国輸入にかかる時間は1週間に2時間くらいです。

私は特別なスキルがあるわけでも頭が良いわけでは無いですが、きちんと知識をつけてコツコツと取り組みました。

ハナ

1つずつコツコツ積み重ねていくことが出来る方にはオススメの副業だよ。

まとめ

 

今日伝えたいこと
  • 中国輸入ビジネルの概要
  • オリジナル商品(OEM販売)について
  • 中国輸入ビジネスの知っておくべきメリット・デメリット
  • 輸入ビジネスは、きちんと知識をつけてリスクを理解することが大切

今日は、副業の柱の1つである中国輸入ビジネスについて、出来るだけわかりやすく解説しました。この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです♡

中国輸入ビジネスを成功させるには、きちんとした知識をつけてリスクを理解することが大事です。

また、始めたばかりの頃は商品リサーチにとても時間がかかるため、根気よく続けることも大事になってきます。

 

チル

OEM販売は非常に学ぶことが多く時間がかかりますが、1つ1つ学んでいけば安定した利益につなげることができます。

ハナ

読んでくれてありがとう〜。今後も色んな副業を紹介していくね!